東京に住むということ

一昔前までは東京に行かないと買えないものがありました。例えば洋服なんかは地方にはお店が全然なく、東京にしかないお店もたくさんありましたし、だからこそ価値があるものがたくさんありましいた。

だから人は東京までわざわざ高い交通費や宿泊費を支払って買い物に行っていました。しかし、インターネットで物が買える時代になってから、東京でしか買えないものも自宅で買えるようになりました。

そうです、東京に行く価値が従来ほど無くなってしまったのです。

しかし、いくらインターネットが普及したからと言っても、やはり東京と地方とでは圧倒的な差があります。

それは「情報」です。

インターネットでも情報は仕入れることが可能ですが、インターネットに載る頃にはもう遅かったりもします。東京はそれくらい情報の伝達が早く、世界でもトップクラスの情報源です。

その情報を仕入れるだけでも、やっぱり東京に住む価値があると言えるのではないでしょうか。

物価が高く、色々とお金もかかる街ではありますが、それ以上に貴重な情報や人脈を築くことが出来る東京はやはり魅力的な街と言えると思います。

お金を稼ぐならやっぱり東京です。
地方にいてお金を稼いでいる人は頻繁に東京へ足を運んでいます。

東京に住む、もしくは行くということは、お金を稼ぐ上でやはり必要不可欠なことだと言えるでしょう。

人が多いから嫌だ…という人は多いですが、行ってみると意外とすぐに慣れてしまうものです。それに慣れてしまうと、地方の人の少なさに逆に不安になったりもします。

お金を稼ぎたい…そう思う人はやっぱり東京に足を運ぶべきです。

インターネットでは収集出来ない生の情報を探すなら東京しかありません。

銀行系カードローンの良い所

カードローンには銀行が行っているサービスと、消費者金融や信販会社など貸金業者が行っているサービスがあります。

お金を借りるために担保や保証人を必要としない点や、金融機関の発行するカードを使ってATMからお金を借りることができる点など、基本的なところは同じサービスとなりますが、借り入れ条件などで若干の違いがあります。

まず、銀行系カードローンは貸金業者より低い金利でお金を借りることができます。

貸金業者の場合には融資するお金を銀行から借りているため、資金調達のためにコストが発生します。

しかし、銀行の場合にはお客様の預金などを融資に回すため、資金調達のためのコストが発生しません。

その分、銀行は貸金業者よりも低い金利でお金を貸すことができるということになります。
銀行のカードローンは総量規制の適用を受けないというのも良い点です。

総量規制とは貸金業者からの借り入れを年収の3分の1までに制限するというものですが、この規定はあくまでも貸金業者からの借り入れに対して適用されるものであって、銀行からの借り入れには適用されません。

ですから、銀行を利用することで年収の3分の1を超えるようなまとまった金額を借り入れが可能となります。

ただし、銀行は消費者金融や信販会社などと比べて審査基準が高めとなっています。

正社社員以外の雇用形態で働いている人や収入が不安定な人、すでに他の金融機関から多額の借り入れがある人などは審査で落とされてしまうことがあるので注意が必要です。

その場合には比較的審査基準の低い、消費者金融などを利用するとよいでしょう。
銀行系カードローンについてもっと詳しく知りたい方は低金利ローンのサイトを利用すると良いでしょう。