東京に住むということ

一昔前までは東京に行かないと買えないものがありました。例えば洋服なんかは地方にはお店が全然なく、東京にしかないお店もたくさんありましたし、だからこそ価値があるものがたくさんありましいた。

だから人は東京までわざわざ高い交通費や宿泊費を支払って買い物に行っていました。しかし、インターネットで物が買える時代になってから、東京でしか買えないものも自宅で買えるようになりました。

そうです、東京に行く価値が従来ほど無くなってしまったのです。

しかし、いくらインターネットが普及したからと言っても、やはり東京と地方とでは圧倒的な差があります。

それは「情報」です。

インターネットでも情報は仕入れることが可能ですが、インターネットに載る頃にはもう遅かったりもします。東京はそれくらい情報の伝達が早く、世界でもトップクラスの情報源です。

その情報を仕入れるだけでも、やっぱり東京に住む価値があると言えるのではないでしょうか。

物価が高く、色々とお金もかかる街ではありますが、それ以上に貴重な情報や人脈を築くことが出来る東京はやはり魅力的な街と言えると思います。

お金を稼ぐならやっぱり東京です。
地方にいてお金を稼いでいる人は頻繁に東京へ足を運んでいます。

東京に住む、もしくは行くということは、お金を稼ぐ上でやはり必要不可欠なことだと言えるでしょう。

人が多いから嫌だ…という人は多いですが、行ってみると意外とすぐに慣れてしまうものです。それに慣れてしまうと、地方の人の少なさに逆に不安になったりもします。

お金を稼ぎたい…そう思う人はやっぱり東京に足を運ぶべきです。

インターネットでは収集出来ない生の情報を探すなら東京しかありません。