銀行系カードローンの良い所

カードローンには銀行が行っているサービスと、消費者金融や信販会社など貸金業者が行っているサービスがあります。

お金を借りるために担保や保証人を必要としない点や、金融機関の発行するカードを使ってATMからお金を借りることができる点など、基本的なところは同じサービスとなりますが、借り入れ条件などで若干の違いがあります。

まず、銀行系カードローンは貸金業者より低い金利でお金を借りることができます。

貸金業者の場合には融資するお金を銀行から借りているため、資金調達のためにコストが発生します。

しかし、銀行の場合にはお客様の預金などを融資に回すため、資金調達のためのコストが発生しません。

その分、銀行は貸金業者よりも低い金利でお金を貸すことができるということになります。
銀行のカードローンは総量規制の適用を受けないというのも良い点です。

総量規制とは貸金業者からの借り入れを年収の3分の1までに制限するというものですが、この規定はあくまでも貸金業者からの借り入れに対して適用されるものであって、銀行からの借り入れには適用されません。

ですから、銀行を利用することで年収の3分の1を超えるようなまとまった金額を借り入れが可能となります。

ただし、銀行は消費者金融や信販会社などと比べて審査基準が高めとなっています。

正社社員以外の雇用形態で働いている人や収入が不安定な人、すでに他の金融機関から多額の借り入れがある人などは審査で落とされてしまうことがあるので注意が必要です。

その場合には比較的審査基準の低い、消費者金融などを利用するとよいでしょう。
銀行系カードローンについてもっと詳しく知りたい方は低金利ローンのサイトを利用すると良いでしょう。