先行投資という考え方

世の中の仕組みは先に纏めてお金を志支払うと得になるものが多く、
逆に、後から支払ったり、分割などで支払うと損をする場合が多いと言えます。

これは何もモノを買うことだけに当てはまるものではないと思います。
そう、人生においても先行投資という理論は成り立つと思います。

例えば、高校を卒業してすぐに働く人と、25歳まで勉強をして医者になる人。
もちろん高校を卒業したからといって稼げないという訳ではありません。ここでは一般的な工場勤務を例に考えてみたいと思います。

とはいえ工場勤務にも収入は色々あると思いますので具体的な金額は出しませんが、普通の考えでは先に働く工場勤務の方より、後から働く医者の方が障害年収は高いと言えるでしょう。
これがまさに先行投資という考え方です。医者になるにはものすごくお金がかかるのですが、それを差し引いても医者の方が稼げると言えると思います。

資本主義の世の中では、間違いなく先行投資の方が得と言えると思います。
当然、投資に失敗する場合もあるとは思いますが、投資が無駄に終わらないと考えるのであれば先行投資をした方が結果的にお得と言えると思います。

人生を充実させるには、やはり自分に投資をしなくてはなりません。
それが勉強であるか、経験であるか、または時間であるかはその人の価値観や考え方によると思いますが、出来るだけ自分自身に投資をしましょう。遠回りのように思いますが、それが結果的に最短距離になると思います。

これはお金の使い方にも言えることだと思います。
普段の生活に先行投資という考え方を是非取り入れてみて下さい。
小さなところから色々と変わってくると思いますよ。